地方銀行の住宅ローンは審査に通りやすい?

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残り家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

このような事にならないように、加入しておけば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。

自分だけの家が欲しい!と思ったときに住宅ローンが力になってくれるでしょう。

地方銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますがまず不動産屋に行く人が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが最長35年まで借り入れする事が可能です。

ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。

多くの場合、40歳以上を過ぎる申し込みに関してはなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

大きな金額を扱う商品なだけに慎重に取り決めを行いましょう。

生涯の中でこれほど大きな金額を扱うことはないであろう、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、まずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

そろそろマイホームかな・・と考えたとき住宅購入時の貸付が頼りになるでしょう。

申し込んだ場合、審査があります。

まずそれに通過しないと先には進めません。

重要な判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

また、カードローンの使用歴などもチェックされるので仮に地方でマイホームの購入を今後検討しているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。ただし地方銀行の住宅ローンは審査が甘いということはよく言われます。とくに古くからの付き合いがある銀行ならば様々な点を考慮に入れてくれる可能性もあるのでお勧めです。

参考:地方銀行の住宅ローンは審査が甘いって本当?【正しい銀行の選び方】

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、割引される嬉しいサービスが付いてきます。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

地方銀行の住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行へ地方銀行で住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを考えている時はそういった事も含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

地方銀行で住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

近いうちに両親との同居を検討しているという貴方に、知らないと損をするかもしれない地方銀行の住宅ローンのご紹介です。

原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

但し、親子リレー返済をして申請に通れば、80歳未満の方であれば心配なく申請可能です。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

 

地方銀行の住宅ローンは審査基準が甘い?

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申請方法はとても簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決めるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

こちらは年末調整では受付できませんので支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

という訳で、申請をすれば必ず通る。

といった甘い感じではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

原則として、決められた期間で申し込むのですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

大部分の方が、借入れをしてから10年以内を目安にしています。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

今後引かれるお金や必要になってくる費用も合わせて検討し、負担の少ない借入れが出来るように努めましょう。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

地方銀行で住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

現在、地方銀行で住宅ローンを返済中の方もこれからの方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれないこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、月々の負担を少しでも減らせるように今から準備しましょう。

地方銀行で住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。