自営業が住宅ローン借り換え審査に通るには?

住宅ローンを借り換えたいと思っていらっしゃる方へ、
住宅ローン、この低金利時代には、本当に借り換えが有利ですよね。
実際に、お知り合いでも、住宅ローンの借り換えをして、支払い総額が減ったり、返済期間が短くなったというお話も聞かれているのではないでしょうか?
誰もが10年前は、こんなに低金利になるなんて想像もしていませんでしたから、今が本当に借り換え時と言えるかもしれません。
さて、借り換えをする場合ですが、できれば、金融機関と住宅ローンを選ぶ前にはいろいろ比較されることをお勧めします。
比較する方法がわからないので、という方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅ローンの借り換えの比較は、実はとても簡単にできるんですよ。
住宅ローン 借り換え 比較と入力して、インターネットの検索エンジンで検索してみてください。
すると、たくさんの、住宅ローン借り換えの比較情報が見つかりますよね。
ここでリストアップされたホームページをいくつか、ざざっと斜め読みしてみましょう。
すると、これは読みやすいとか、自分で理解しやすいというホームページに出会えます。
自分で読みやすいホームページがわかったら、今度はそのホームページをじっくりと読んでみましょう。
その中には、借り換えのポイントや金融機関ごとの金利や特徴が書いてあると思いますので、借り換えのポイントをチェックしたうえで、これだと思える金融機関の住宅ローンを絞り込んでみましょう。
ね?自分で、きちんと住宅ローンの比較ができませんか?
あとは、これだと思える住宅ローンの詳細を、その取り扱い金融機関のホームページで確認しましょう。
おそらく、借り換えシュミレーションがホームページ内で提供されていると思いますから、実際のデータを入力して、借り換えのメリットが出るかどうか?きちんと確認してみてください。
メリットが出るかどうか?の判断をされる際には、借り換え辞に発生する事務手数料や、その他登記等の諸費用もきちんと上乗せして確認が必要です。
借り換えメリットが出たかどうか?は支払い総額がどれだけ減ったか?ということで確認ができます。
住宅ローンは長く返済しなければならないものですから、ちょっとした金利の差でも、本当に大きな差が出ることが多いですよね。
借り換えに着目された方は、本当に賢い住宅ローン利用者といえると思います。
自分で納得のゆく、借り換えをなさってみてくださいね。
私も借り換えをしましたが、とても満足しています。

自営業が住宅ローン借り換えするメリットとデメリット

今の借りているローンの金利よりも低い金利にして支払い総額を抑える自営業の住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

金利だけでなくこういった面も含めて総合的に考えるべきです。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済手数料が発生しないかなど自分に合ったローン選びをする必要があります。

自営業の住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行から融資を受けて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、借り換えメリットがあるから借り換えを行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うのででは、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくその理由としては住宅ローン金利が今後どうなるのか専門家も予測不可能だからです。

そのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。

自営業の住宅ローン借り換えを行うにあたり様々な手続きが必要です。

例としては抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が行いますが行なったもらう司法書士を選ぶ権利が申込者側にあるので金融機関指定の司法書士以外に自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う方の多くは司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選択できるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

憧れのマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けることを考えると今借りているローンよりも金利が低く設定されている必要があります。

その際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、自営業の住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が発生するかというと借り換え前のローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に夫の単独名義になる問題が出てきます。

こういった場合の単独債務での借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの借り換えにかかる費用と贈与税の負担を比べて借り換えを行わないほうがいい場合もあります。

様々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利固定か変動かの選択はないでしょうか。

金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は多くの人は変動を選ぶようです。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急激に金利が上がっても心配ないというメリットもあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

1度組んだ住宅ローンを他の住宅ローンに変更する自営業の住宅ローン借り換えですが新築時にローンが組めたから借り換え審査も通ると楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通る方が多いようですが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時よりも物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

支払いが滞っている場合は審査が厳しくなります。

以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、自営業の住宅ローン借り換えを行うことがあります。

では、その場合、今までの火災保険は継続できるのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険に加入することもできます。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、保険金額が適切な金額で設定されている必要があります。

火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

突然ですが皆さんは自営業の住宅ローン借り換えの経験はありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

参考:自営業の住宅ローン借り換え審査が甘い銀行はどこ?

ここでは、借り換えを行う際の流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行機関のサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総支払額を確認してみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利だけを見るのではなく、保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

平成21年4月から借り換え融資プランができたので自営業の住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になる計算です。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかしこの場合では、金利変動リスクはありません。